それからの作品情報・感想・評価

「それから」に投稿された感想・評価

かつて想いを寄せた女性、今や親友の妻
不倫?三角関係?
いえいえ、森田監督が文学の世界へ誘ってくれました
息の長い監督さんでしたが、なかでも監督絶頂期の作品では?

【脱線】
今でこそ小説=映画化が既定路線になっている現代
果たして本作を漱石が観たらOK出したでしょうか?
知らぬ間に居なくなっちゃった感のある藤谷美和子、今は何処?
にけ

にけの感想・評価

3.8
森田監督の個人的には、傑作群の最後の作品。漱石の別の面が見られて、面白い。
夏目漱石×松田優作×森田芳光

うじうじしてる夏目漱石が
私は好きだ。

人を愛せないといつも言っている(印象)なのにいつも誰かといる。

だからトラブルになるじゃん、と思う(小説だけど)

教科書に載ってるのが納得できないほど筋金入りの人間嫌い。

それを松田優作が演じるという
もはやカオス。

人間が嫌いで大キライで
執着が止まらない。

だからさあ、それは。
好きなんだって!と叫びたくなる。

自分なんて平凡だなあとしみじみ思う。
これくらい偏る人生もあるのだ。

激しく気持ちを動かせない人生なんて
駄目だね。
一周回って嫌いになってしまうほど
何かを好きになりたいや。
pgtf

pgtfの感想・評価

3.3
小林薫
原作読んだけどほとんど覚えてない
nanabee

nanabeeの感想・評価

3.0
懐かしいというか昭和前半頃までの台詞回しや少ない表情のお芝居だなぁと思いながら見ました、今だと安易に下手だと感想を言う人もいるでしょう。
叶わぬ恋をする自分に酔ってのちに後悔して、そんな自分にも酔って…という文学、いくつもありますね。
そもそも漱石の作品を映画化するなんて無謀ですよ
原作の良いところ全部失った感じのラスト。
KO

KOの感想・評価

3.3
夏目漱石の「それから」を、森田芳光監督、松田優作、藤谷美和子で描くと、こうなるか!って作品。

森田-松田優作は、家族ゲームの組み合わせ。前作が良かっただけに、かなり生みの苦しみはあったらしい。

主人公が、汽車の中から月を眺める、いや月に照らされ、月に見られているかのような心象シーンはものすごく印象的。
>|