erika

塔の上のラプンツェルのerikaのレビュー・感想・評価

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)
4.5
ディズニープリンセス映画のなかで一番好きなラプンツェル♥

それまでのプリンセスのアリエル、ジャスミン、ベルもとっても良いキャラクターなんだけど、ラプンツェルは本当に本当にかわいい‼
また、王子様?泥棒?のユージーンは、
私の主観だけど、今までの王子様よりもキャラクターが細かく作られていたと感じた。やっぱり闇を抱えている男は格好いい!

そして、ラプンツェルのキャラクターや、この映画自体が、それまでのプリンセス作品に比べて現代的な価値観で制作されているところも特徴の1つで、観る側としては、感情移入しやすいように思う。ラブストーリーとしての構成は、沢山の“胸キュン要素”が、散りばめられているので、飽きないし、その上変な安っぽさもないので、高度なCG技術のみが浮いてしまうようなこともなかった‼

まぁ、育ててくれた悪女の最期については、意見が分かれるとおもうけど、私は、小さい子供が見るものだと思えば、善悪がはっきりしているのも構わないし、アニメだから許されると思う。
しかし、今流行りの、ディズニープリンセス実写化!をするときには、このままのラストだと難しいかもなぁと思う。

映像も、音楽も素晴らしく、笑ったり、感動したり、ドキドキしたり、キュンキュンしたりと、さまざまな感情を味わえるので、刺激が足りない時に(非日常を味わいたい時に)おすすめです♥