カモメ

塔の上のラプンツェルのカモメのレビュー・感想・評価

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)
3.9
ラプンツェルの短編アニメを見たので、本作もレビュー。

○外の世界は危ないからと、塔に閉じこもって生活させられていたラプンツェル。毎年自分の誕生日の夜空に浮かぶ綺麗な光を見ては、外への憧れが強まっていった。ある日、外の世界から塔に侵入してきた男がいて……。

この映画で一番印象的だったのが、ラプンツェルが初めて塔を出たシーン。
外だわ、やったー!というハイテンションと、私は悪い子だわ……という葛藤がコメディチックではあるのですが、親からずっと支配されていた子供が開放された瞬間なんだなぁと思うとちょっと怖い描写。

『リメンバー・ミー』など、最近では物語だけではなくキラキラした世界を描く3DCGも見ごたえのあるディズニー作品が多いですが、昔の3DCG作品はそこまで”綺麗”に特化した作品は多くなかったと思います。
夜空に浮かぶランタンのシーンは圧巻です。

『シュガーラッシュ オンライン』を見て思ったのですが、ラプンツェルは塔に出る前の時間軸なんですかね。
塔にいた頃の格好の方がプリンセス的に見栄えがいいはわかるんですが、グッズ等を見るたびにちょっと気になります。