塔の上のラプンツェルの作品情報・感想・評価

塔の上のラプンツェル2010年製作の映画)

TANGLED

上映日:2011年03月12日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「塔の上のラプンツェル」に投稿された感想・評価

lush

lushの感想・評価

3.6
映像綺麗
りなこ

りなこの感想・評価

3.8
勇気があって男前なプリンセス。
主役はかっこいいんだけど、設定が、もう「誘拐犯」の話だからさ、こわい。笑

お母さんどうにかくたばれ!
って念じながら見てました。

フリン・ライダーの決断もカッコいいです。
でもほんとにおかんがこわすぎる。
「ブツブツ言うな!」とかさ…こういう親いるよね…
Moe

Moeの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いつも育ててくれたのにな〜って思ってしまう。
sia

siaの感想・評価

3.7
おとぎ話のようなメルヘンな雰囲気とは対照的なハードな設定に笑ってしまう。
生まれた頃から拉致監禁ですよ。もはや『ルーム』の世界。

ラプンツェルというキャラクターは、行動力や好奇心に満ちている一方で、まだまだ自分では何もわかってない無力な少女としても描かれている。
女性の強さや自立を描こうとしている昨今のディズニー・プリンセス像のちょうど過渡期にいる感じがして面白い。

ストーリー自体はシンプルなものの、ロマンティックな要素をしっかり取り入れた珍しく正統派のラブロマンス映画でした。
常に前向きなラプンツェルは可愛くて応援したくなるし、脇を固めるキャラクターたちもユニークで良かった。
フリン・ライダーはディズニー映画の男の中で一番好きかもしれない。
DVDで視聴

‪すごく面白かったです。ディズニー初3Dプリンセス作品。3Dになったけどリアルな動きに忠実になるだけじゃなく、アニメっぽい動きはそのままですごく可愛かった。

‪マキシマス(馬)が好きです、いい子。マキシマスとフリンが同じカットにいるだけでコントになる。‬「そのリンゴはちゃんと買ったんだよ、ほとんどね」の時のマキシマスの顔が好きです。

初めて塔から出て、「初めての外だわ!!」と「お母様に怒られるわ...」の交互シーン大好き。「早く戻らなきゃ...」「絶対に戻らないわー!!」が可愛い。
みんと

みんとの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんで悪役って性格悪い上に小細工うまくて運がいいんだろう
なかなか良かった。
以上。
kino

kinoの感想・評価

-
【記録用】ディズニーの王子のなかで1番好き。
>|