DamKeeper

こっぴどい猫のDamKeeperのレビュー・感想・評価

こっぴどい猫(2012年製作の映画)
-
またボリュームを70くらいにしながら30分で挫折。

やっぱりタイム感なんだろうな。実際の会話ってあれぐらいのペースだとは思う。
だからなんとなくリアリティはあるんだろうけど、映画でリアルな会話を2時間聞かされてもさ。

あと会話の中味も薄いし、それを延ばしてるようにしか観れないので。