さとう

インクレディブル・ハルクのさとうのレビュー・感想・評価

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)
3.0
久々に鑑賞。
内容はほぼ覚えてなかった。
そんであんまり面白くなかったという記憶が…。

MCU作品を全部観てきて改めて観たら面白いんじゃね?って思ったけど、
やっぱりうーん…という印象。
MCU作品にしては作品全体が暗い。
特に印象にも残らなそう。


望まずに怪物になったバナーと
望んで怪物になったブロンスキー
の対比は面白かった。
終盤のハルクとアボミネーションのガチンコファイトはなかなかの見もの。

一番気になるのはあの雷が本当にソーの雷なのかどうか。だとしたらアツい。

エドワード・ノートンの降板は残念だが
やっぱり今はハルクといえばマーク・ラファロだね。