Itsuki

インクレディブル・ハルクのItsukiのレビュー・感想・評価

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)
3.0

MCUおさらい企画!シリーズ第2作目!インクレディブルハルクです!

旧作『ハルク』は鳴かず飛ばず。今回はmarvelが本腰を入れてリブートした作品であり、今回だけはバナー博士を『ファイトクラブ』で有名なエドワードノートンが演じます。彼良かったんですけどね。

第二次大戦下で進められた〝スーパーソルジャー計画〟の上位互換を作るべく国に雇われた博士ブルースバナー。自身の成功を確信し自らを用いて実験をしたが結果は失敗。緑色をした理性を持たない怪物に変化を遂げてしまった。心拍数が上がると怪物になってしまうため、再び大切な人を傷つけることを恐れバナーは国を離れる。しかし彼には祖国の軍からの追っ手が近づいていたのだった。

この〝スーパーソルジャー〟とはいわゆるキャプテン・アメリカ。後々MCU作品『キャプテンアメリカ/ザファーストアドベンチャー』につながる設定ですね。雷に向かって吠えるハルクは後にソーと激突することを示唆していると言われています。

面白さで言えば他のMCU作品に少し劣るかもしれない。なんせ煌びやかさに欠くので、ハルクに親しみを感じる人でなけりゃそこまでワクワクはしないかもしれません。ただMCUの基幹作品である『アベンジャーズ』シリーズでは初期メンバーとして活躍しますし、見逃せない作品であることは間違いなし!