インクレディブル・ハルクの作品情報・感想・評価

「インクレディブル・ハルク」に投稿された感想・評価

neneco

nenecoの感想・評価

4.5
記録。

MARVEL作品全然観てなくて、順番もバラバラに観てしまっているけど、GYAOで無料配信されていたので鑑賞。

ストーリーがテンポ良く進むので分かりやすいし、SF苦手(今回はSFなのかな?笑)な私でも純粋に楽しめました◎

追いかけられて逃亡するシーンはハラハラ、アクションシーンはド迫力で観応えあり!
車真っ二つにしてそれを武器にするキャラクター初めて(笑)
好きな恋人と愛し合うのも心拍数上がってダメって切ないなぁ~。

「僕たちが作った」って言ってたけど、元を辿れば父親なんだけどな~~~と一人モヤモヤ🤔
ちょっと主人公良い人すぎる🤔笑

ラストでアベンジャーズと繋がりがあったということも分かって、MARVEL作品もっとちゃんと観ようと思うきっかけにもなった映画でした。
Makoto

Makotoの感想・評価

3.2
何故か敬遠してたんだけど、先日アベンジャーズ、エンドゲームを立て続けに見て
脳内がmarvel仕様になったので鑑賞。


ナチュラルにハルクになっててびっくりした。あ、そんな感じ???みたいな。
これ当時に見てたらmarvelだと思って無かったかもしれない。もしくはmarvelの印象が変わってたかもしれないと思うほど自分の中でのmarvelのハルクとはかけ離れていました、、、
なつん

なつんの感想・評価

3.5
以前地上波で見た気がするけど、当時はまだ若すぎてこういう「怪物変身物」みたいなのが面白いと感じられなかったので、MCUを押さえようと思い立った今改めて。

というわけでまだマーク・ラファロ版のハルクは見たことがないのだけど、エドワード・ノートンのハルクめちゃくちゃいいな。人の良さそうな科学者が怒りによってハルクに変身してしまうというギャップが特に出るというか。
他の方も書いてらっしゃるけど、フランケンシュタインの怪物のような、凶暴性の向こうに見える悲しみを、ノートンのあの表情がよく表しているように思う。ラファロ版はそれはそれできっといいだろうけど、受ける印象は違うだろうなあ。

さて、Mr. Blueはいずこへ?ブルースの血を傷口から得てた気がするのだけど。

最後に登場するトニーのおかげで「やっぱり公開順に見なきゃな」と確信した私でした。
コウ

コウの感想・評価

3.6
毎度毎度の事ながらMARVEL、特にアヴェンジャーズメンバーの映画は最後までワクワクさせてくれるよホント
スタークの数十秒の登場でもうぶち上がり

このレビューはネタバレを含みます

アベンジャーズマラソンしようとした人、ここで早速挫けるやろ。テンプレを盛り込んだ割に全部が盛り上がらない消化不良映画。ビギニングでイマイチだったのが、今のバナー博士人気にも響いている気が。スティーブとかソーと違って役者も変わっちゃったしなあ。

とはいえ、愛嬌のないエドワード・ノートンよりマーク・ラファロの方がアベンジャーズのメンバーとしては適任だったと言えるでしょう。ノートンだと他の俳優と被っちゃう感もあるもんね。なんなら、今回の敵役のティム・ロスとエドワード・ノートンも印象ちょっと被ってる気がするけど、それは意図的なのか。

大いに問題なのは、バナー博士そんな頭良さそうに見えないし、ヒロインはバカだし将軍は大バカだということか。登場人物の頭が悪いことで物語が動くの、別に洋画も邦画も沢山あるんだけど、ことMCUとして見た場合、今が優秀すぎてどうしても引っかかるというか。MCUって涼しい顔でめっちゃ難しいことしてたんだな…と。

CGがイマイチなのは時代が時代と言えなくもないけど、しかし演出がテンプレぽいのばっかりで面白くないのはNG。ルイ・レテリエ、本作を面白くしてやろうという気概が感じられない。
HALUBE

HALUBEの感想・評価

3.8
いつもアベンジャーズでは低い声でウケることを言う彼ですが、彼にはこんな悲しいドラマがあるんだよっていうのをぜひ見たことがない人には知っていただきたい。昔にみたけどレビューしてなかったので一応書きました
Eri

Eriの感想・評価

3.2
怒ってハルクになってもパンツだけは破けないの好きよ。
エドワード・ノートンのハルクは非常に良きでした
風華

風華の感想・評価

3.0
序盤逃げてばっかりで、え、こんな感じ?って思ったけど最後はゴリゴリで良かったです🙆‍♀️(?)
でも戦闘シーンは結構笑っちゃった
>|