Ren

トイ・ストーリー3のRenのレビュー・感想・評価

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)
5.0
初めてリアルタイムで鑑賞した『トイ・ストーリー』シリーズで、当時のことは今でも覚えています。これ以上に泣いた映画は、今のところ無いです。

シリーズ最高傑作。トイ(&アンディ)ストーリーとしてこれ以上無いかたちで締めるだけでなく、映画単体としての面白さもちゃんと兼ね備えています。シリーズ全作品に共通して必ず “脱出シーン“ が用意されていますが、それに関しても今作が最も緊迫感があり、かつ計画性に富んでいる印象です。
そして今作の最重要ポイントであるラストシーンがとにかく満点。段ボールに寄るカメラワーク → そこにいたの...!からのアンディが一瞬見せる仕草に、涙腺崩壊必至でした。
自分の居場所から脱却し新天地での始まりを描く、という点でウッディ達とアンディのストーリーをリンクさせ並行して描いたのも見事です。
本編のラストカットに象徴されるように『トイ・ストーリー』シリーズは3作品で、一周回って同じところに戻ってきました。おもちゃが持ち主から別の持ち主へ明け渡されるまでのループを綺麗に締めたのが今作であり、そのループからの脱却を描いて完全に終わらせたのが『トイ・ストーリー4』だったのかなと思います。

あと今作を見て思ったのは、ぬいぐるみが増えたこと。『トイ・ストーリー2』まではプラスチック製のおもちゃが主だったのですが、ぬいぐるみ特有のふわふわ感の表現に、アニメーションの進歩を見ました。