トイ・ストーリー3のネタバレレビュー・内容・結末

トイ・ストーリー32010年製作の映画)

TOY STORY 3

上映日:2010年07月10日

製作国:

上映時間:103分

4.0

あらすじ

「トイ・ストーリー3」に投稿されたネタバレ・内容・結末

アンディーが大学へ進学と同時にウッディー達はサニーサイドへ。

最後のゴミ処理場のシーンでみんなが手繋いだシーン泣きそうになった。
大好き大好き大好き!

アンディーとのお別れ泣くやつ。。

リトルグリーンメンがあまりでなくて悲しい。
トイストーリー2から間が空きすぎの3であって、そのこともまた子供の横で泣いちゃった要因のひとつに違いない。だから3まで一気見できる我が家のキッズたちとは当然、感慨も違うだろう。ていうか最初のトイストーリーの時点で社会人だったし。でもそれが故に、トムハンクス兄さんのso long, partnerが泣けるんである。あとバズの声は私は所ジョージではダメだと今でも思う。ついでに大山のぶ代もドラえもんではないと、テレビ放送開始時から思っている。かたや、じゃりン子チエは中山千夏しかありえない。

ラストだけ決まっていて、途中は監督にまかせた!とプロデューサーが言っていたが、それは観てたらわかる。途中は正直、あんまりだった。いいのはケンとバービーぐらいである。あのハグベアーは、復員したら嫁さんが再婚していた兵隊レベルの不運に見舞われて、ジョーカーよろしく不幸の再生産をしまくるわけだが、前作のオッサン人形と同じく特に救済はされず、ただ違う世界へ行ってしまう。言うなればイントゥジアンノウンに連れ去られる。このへんがパート4では、ちゃんと新しくなっていた。本作の良さがラストにだけ集中している原因はこれだ。

ただ中盤のドタバタの効果もあるにはあって、アンディが急に画面に向かって語りだすところが、よりメタっぽくなるコントラストを生んでいる。その間、おもちゃたちは微動だにしないからだ。あれ?こいつら、ほんとに自力で動いてたんだよね??って思った。そして今までのシリーズ全体が、ただアンディの想像したことなのでは?って思った。なぜなら前作までは、アンディが彼らおもちゃに投影していたキャラは、悪役のハムを始め、本人のそれとは違っていたからだ。むしろ感じが悪いのはポテトヘッド親父だ。しかし、アンディによるウッディの説明が、あまりに映画の話そのままだった。これは卑怯だ。おもちゃは子供に魂を与えられる。フォークから作ってもだ。しからば、我々の知ってるウッディもまた、アンディの作品なのではないか。

そういう割とシリーズの根幹に関わるポイントが、私の鳥肌の理由の一つだったのは確かである。そしてこれは、トイストーリーのあるべき終わりのひとつではあるが、4の方向性は決してここまでの話を台無しにしたりせず、うまく別のものを見せてくれた。続きがあるからといって中途半端な終わりは困る。話は違うがインフィニティウォーはここがダメなんである。
ロッツォは悪役なんだよ
もうこれは「王道」。面白さは折り紙つき。

そういえば昔の玩具どこへ行ったかな…。「レゴ」というブロックは好きだったな…。

トトロおるじゃ~ん
改めて見たけど、最後のアンディによるおもちゃたちの紹介がやばい😭
アンディ、めっちゃいいこに育って…
切ないけど良いラスト…
でもやっぱさみしいからアンディ帰ってきたらボニーの家にも寄ってくれーーー!!!!


とにかくトイストーリーシリーズって伏線すごいよね…

4もはやく見たい…
おもちゃを捨てるか譲るか、というアンディの気持ちにとても共感。自分もなかなか決められずに、部屋で飾ってあるだけのおもちゃがあるな、、と思いながら鑑賞。
アンディが大学に連れていったとしても、飾られて終わるだけになっていただろうし、ウッディーの決断はこれでよかったのだと思う。
ロッツォは最後には更生していいキャラになるのかと思えば、トイストーリーシリーズには珍しく完全な悪役。これはこれでおもしろかった。
バービーとケンの恋愛、スペイン語の情熱的なバズもおもしろかった。笑
ただ、内容は他のトイストーリー作品と比べると薄かったような、、?
これ以上いい映画ない、
何回見ても泣いてしまう
映画館に家族と見に行ったとき、
焼却炉の場面でウッディ達が本当に死んでしまう!と思って親の手をめっちゃ握った思い出がある
>|