COZY922

ぐるりのこと。のCOZY922のレビュー・感想・評価

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)
4.3
毎日毎時間、生きていれば たゆみなく押し寄せ 積み重なる様々な感情。喜び、悲しみ、怒り、幸福感、失意、安堵感、不安、高揚感、寂しさ、切なさ・・。1つ1つのその感情とどう向き合い、誰とどんなふうに分かち合うのか、生きていくってそういうことなのかなと思う。

産まれて間もない子供を亡くした1組の夫婦の10年を描いた物語。何気ない一言とか、ちょっとしたふるまいとか、誰かとの間に流れる空気とか、まなざしとか、肌ざわりとか、あらゆるものに感じる様々な温度や重みや質感。温かかったり冷ややかだったり、ズシンときたりふわふわしてたり、厳しかったり柔らかかったり。淡々としているのにそれがすごく伝わる。連続ドラマか小説のように章ごとに少しずつ少しずつ進む。

見渡すとそのへんにありそうなリアルで卑近な日常と紡がれる感情が、なんだかとても愛しくなる映画だった。

リリー・フランキーの言葉がとても素敵だった。静かな語り口なのに溢れんばかりの感情や想いを感じる。
「いつも思い出してあげればいいじゃん。忘れないようにしてあげればいいんじゃないの。」
「お前はいろんなことが気になり過ぎる。みんなに嫌われてもいいじゃん。好きな人にたくさん好きになってもらったらそっちのほうがいいよ。」
「かっこ悪くても生きてるだけ大したもんじゃないですか。」