TSUBASA

ぐるりのこと。のTSUBASAのレビュー・感想・評価

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)
2.9
短文感想 69点
先日パルムドールを受賞するという歴史的快挙を果たした『万引き家族』。その作品に当たり前のごとく出演しているリリーフランキーが初めて主演を演じたのが今作です。今作はリリーフランキーと木村多江演じる二人の夫婦が、1990年代の様々な出来事とともにぎくしゃくしながらも二人で生きていくということを描いた作品です。はっきり言ってかなり淡々としていて、伝えたいことがやや不鮮明。恐らく今作は、最後まで見てそれぞれ鑑賞者に感想を委ねるといった形式の作品であり、1990年代を生で味わった人でないとやや退屈されるかもしれません。法廷シーンが度々出てきて、これらは実際にあった事件を扱ったものであり、これに馴染みがあるかないかで大きく印象が変わってくるかと思われます。悪いという印象はありませんでしたが、個人的にはやや物足りない作品でした。