ぐるりのこと。の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ぐるりのこと。2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.9

「ぐるりのこと。」に投稿された感想・評価

feyummmmi

feyummmmiの感想・評価

3.5
めんどくせえ。
法廷画家憧れる。
リリーフランキーと木村多江はやっぱりすごいんだけど、ほんの数秒くらいしか出てない役者さんの芝居もすごい良かった。
贅沢な映画。
中でも新井浩文と八嶋さんすごかった。
10年ぶりの再見。ほぼ全てが完璧に思える描写に思えた。1組の男女がある時代を生きていく様が平成の事件と並行して流れていき、儚く通り過ぎていくだけのはずの時間に色がつけられていくようで、それが感動的だった。なぜか点描の中のオウム事件の加害者が泣きながら謝罪している目の前で信者達が祈り、もしくは呪文?を唱えているシーンで泣きそうになった。
でも翌日にテレビで見た宮崎勤のドキュメンタリーの中で誰が被害者で誰が加害者だかわからなくなるような映像を見た時に加瀬亮演じる宮崎勤のような被告をデフォルメ強めで描写してしまっているのは、はたして、、と思った。
ゆうの

ゆうのの感想・評価

4.0
いろんな人がいていろんな生き方があっていろんな夫婦の形がある、それを教えてくれる
最後のセリフ 人、人、人 が効いていた!
ちょい役まで豪華で人間臭さが溢れてる映画、ほんと飽きない

“めんどうくさいけど愛おしい、
いろいろあるけど一緒にいたい”
全部観終わったあとに予告映像を見たのだけど、このキャッチも心にずーんと来た

「どうしてわたしと一緒にいるの?」
「好きだから」
のやりとりも
「大事にできるものがあるときは、大事にしとけよ」
の職場の先輩の言葉も
予告で見直して沁みるという…

大事な人ができたらまた見よう
ma

maの感想・評価

3.3
お米の炊けた湯気に生きるよころびを感じられるほどには回復できてよかった
水弥呼

水弥呼の感想・評価

3.0
木村多江さんとリリーさんが良い
もも

ももの感想・評価

4.0
全然いい夫婦じゃないんだけど、不器用ながらにお互い向き合ってく感じで終盤ずっと最高だった。リリーフランキーの役素敵。
kimitoeiga

kimitoeigaの感想・評価

4.0
リリーフランキー演じる夫がすごくすき。あの慰め方がすごくすき。