ほしじろ

放浪記のほしじろのネタバレレビュー・内容・結末

放浪記(1962年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

お話が単に成功してハッピーエンドというようなスッキリしたものではなく、グレーの曇り空のような余韻のあるものだったこと、そして高峰秀子の演技のやさぐれ具合や人間臭さが良く、とても味のある映画で楽しめた。