こねこの作品情報・感想・評価

「こねこ」に投稿された感想・評価

Alina

Alinaの感想・評価

3.8
ねこです。猫愛のお話です。

1996年、ソ連が解体してから5年程度しか経っていない時代の、ちょっと色合いは暗いけど、でも心が暖まる、まるでおでんのようなお話。

泣きます。

猫がすごいです。もうジャケットの写真がやばいほど可愛いですが、映画内の猫はそれ以上です。

この映画を観たら猫狂になること間違いないです。
rusa

rusaの感想・評価

4.0
記録。
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
(物語はおいておいて…笑)

猫たちが…本当に可愛い…♡

鳴き声や仕草に…ほっこり…♡
表情も…可愛い…♡

演技…なのかな…猫たち…♡

…クスッと笑えて…ラストは皆んなハッピー♡
癒される…♡
心ほっこり…♡

猫好きな方には…堪らないと思う…♡

音楽も作品に合っていて…
良かった…♪

早朝から…猫たちを見て…笑顔に…
可愛らしい作品…(o^^o)
迷子になったネコのチグラーシャは、ネコ好きなおじさんに拾われるが、、。
ロシアが舞台、寒そうな世界で迷子になりしっぽをピンと立てて一人で歩き回るチグラーシャが主人公。ネコの周りの人間も描かれるが、中心はチグラーシャの放浪で、ネコが演技?しているのがすごい。どこか寂しげで壮大な音楽も印象的。そしてネコかわいい。
猫しか見てなかった…かわええ…
ん゛んんんんーーーーっっっっ…かわえぇ。。

みどころ:
猫たちが可愛いくてたまらん
演技してるような猫たち
アドベンチャーとして面白い
パパの演奏がBGMの良演出
おっさん猫で稼ぐのかよ

あらすじ:
極寒のロシアで、飼ってた子猫が逃げた!

あーぁーぁー…なんてこった…
危ない!…おぉ~助かったぁ。
ほらお家入れ入…出るなよもぉ~
ほ。一安心か?…ヤベェヤベェ!
よし!そこ!行け!だぁーもー!
違う違う!ちが…ち…ちーあっ!
あ゛ぁぁあぁーーっ!おかえり゛ぃーーっっ!!!

自分は犬派ですが、猫派だったら満点だったかもしれません。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.8
あらすじは割愛。

この映画は、猫好きにはたまらない、猫が主役のほっこりする映画だ。

内容はおとぎ話のようなのだが、猫たちと、他の動物の演技(?)がとても自然で驚いた。

そして彼らが本当にかわいい!主人公の子猫は健気でいたずら好き。

人間たちも魅力的だ。子猫の家族も、猫好きのおじさんも、途中で出会う猫に優しい人々…みんな心から猫が愛おしいと思っているように感じる。

猫たちの可愛さに癒され、人々の優しさに心があたたまり、おとぎ話のようなストーリーに、童心に戻った気分になった。
karibuDEL

karibuDELの感想・評価

3.2
どうやって撮ったんだろうって思わせる猫たちの動きには演技を感じて当然かもしれない。みんなが幸せに猫と暮らせてホッとした
郁世

郁世の感想・評価

3.8
ねこによる名演技、そしてねこ目線で描かれたストーリーと、当時の苦しく切ない雰囲気のロシアが見れました。

とにかくこねこのチグラーシャがキュート♡
フェージン家のリーダーでデブ猫のワーシャがすごく賢くて優しくて♡
フェージン家のねこ達はチームワーク抜群でとっても面白いです!

クリスマスシーズンにまた鑑賞したいです!!
たなち

たなちの感想・評価

4.1
猫が演技をする!
チグラーシャ!
>|