obao

シベールの日曜日のobaoのレビュー・感想・評価

シベールの日曜日(1962年製作の映画)
4.8
on Bru-ray.(再見)
「愛してあげるから 独りにしないで」…と、少女は言う。幼くも美しい…これを恋と呼んでいいのでしょうか。

戦争で脳に損傷を負い記憶をなくした青年 ピエールと親に捨てられた少女との純粋で危うい関係。

「あの風見鶏を取って」と、少女は言う。少女でありながら、時として見せる大人の顔。

美しい構図と向かうべきして向かう運命のラストに、また涙してしまいました。初めてスクリーンで観た時には、あまりの映像美に圧倒されました。やっぱり、テレビサイズに収まりきれるものではないですね。