けい

ALWAYS 三丁目の夕日のけいのレビュー・感想・評価

ALWAYS 三丁目の夕日(2005年製作の映画)
4.1
また観ました。

「縁もゆかりも無い、赤の他人」

という言葉が何度も違う意味で出てくる。

以前見たときは、時代の良さかと思ったけど、多分そういうことじゃなくて。
何を大切にしていけるか、を時代関係なく語りかけるための映画なのだと思う。