玲

魔界転生の玲のレビュー・感想・評価

魔界転生(1981年製作の映画)
3.3
おっぱいがいっぱいでした(爽)。
いや今脱ぐ必要無かったやろ、最早ギャグですやん!てシーンも山田風太郎なら仕方ない案件でしょうかね。風太郎先生の世界観といえば、ジュリーの妖艶さもなかなかでしたねぇ。
私何を隠そう若かりし頃のジュリーのファンでして。今作は既にちょっとトウが立ってるのが惜しいところですが、それでも怪し気な雰囲気に大いに貢献してました。

とはいえ今作を見たのはジュリー目当てではなく。在りし日の角川映画のあのギラギラ感と、これまた在りし日の千葉真一・真田広之を見たかったから。
そしてその期待には十二分に応えてくれました。まーやり過ぎ感満載、とても過剰。流石の角川映画、これでこそ角川映画。春樹的な意味で。
JAC師弟コンビも、真田さんが若っ!と衝撃受けつつ、当時の師弟関係をそのままに投影したかのよう(推測)なシーンがあったりでグっときました。

作品として良し悪しはもう良く分かりません。何なら、そんな事はどうでもいいとさえ思える。そんなパワー、勢い、熱に溢れた映画でした。燃え盛る炎の中の決闘は一見の価値があるかと。
ただ、最後は但馬守と十兵衛の戦いで良かったんじゃないかなーとは思いましたはい。