GASS

十二人の怒れる男のGASSのレビュー・感想・評価

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)
4.5
ソリッドシチュエーション映画の傑作、やっと観ることが出来ました。
どうしてもっと早く観なかったんだろう。
そう後悔するほど面白かったです。
こういった限られた場所、登場人物の映画では、脚本はもちろんのことキャスティングやカメラワーク、演者の話し方や間の取り方など全てが重要になってくると思うのですが、この映画はその全てが素晴らしいと思いました。

証拠や証言に一つ一つ疑問を投げかけ、一人一人が考え方を変えて行く流れに食い入るように夢中になって見ることができました。
自分もまるで陪審員の一人になったかのような気持ちで