Kurita

十二人の怒れる男のKuritaのレビュー・感想・評価

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)
4.1
名前だけは知ってる名作でしたが、はじめて観賞。

突発的に沸き起こる衝動を安易に知り合いと共有するのではなく、他人に対して口にしてみて噛み砕いて整理することというのはホント大切なことだなあと実感。

歴史的名作という額に飾られてるような綺麗な作品ではなくて、今だからこそ観たほうがよい軋轢を経た協調を描いた作品。
声がでかい人を前には諦める前に思い出すべき作品と思うし、自分もそうしようと思いました。