ダース米田

ゴーストバスターズのダース米田のレビュー・感想・評価

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)
3.7
「私たちは何でも信じます」byゴーストバスターズ

ニューヨークで多発する超常現象の事件。この難事件を突き止めるため、とある大学の研究員が立ち上がった。
しかしロクな予算も設備もない上、幽霊退治というバカげた仕事に世間からの反響も皆無だった。
そんなある時、偶々上手いことホテルに現れたゴーストを捕獲することに成功し、それ以降彼らには仕事の依頼がひっきりなしに入ってくる様になった。
しかし、とある強大な悪魔がニューヨークに姿を現そうとしていることを誰も気づいていなかった…

アイヴァン・ライトマン監督の代表作です。
超常現象や幽霊といった要素を扱いながらも作品のジャンルはコメディで、家族揃って楽しめる娯楽作品となっています。
ゴーストバスターズのメンバー達は妙に軽いノリだったり、政府の人間が無能すぎたり、ラスボスの姿が非常に滑稽だったりと、作品の雰囲気は同監督作「エボリューション」に近い(まあこちらが先発ではありますが(^^;)。

軽快なテーマ曲やスカッとするラストも非常に印象的な、見ていてとても楽しい作品です。