ゴーストバスターズの作品情報・感想・評価

ゴーストバスターズ1984年製作の映画)

GHOSTBUSTERS

製作国:

上映時間:105分

3.5

「ゴーストバスターズ」に投稿された感想・評価

くだらない感じが面白かった。CGとかのもろもろが古くて、技術の進歩を感じる笑
最首

最首の感想・評価

3.6
単純なストーリーで気軽に観られる。
きのこ

きのこの感想・評価

3.8
ゴーストバスターズという映画について綴る。


幼い頃に観た記憶が微かにあったビル・マーレイ主演の映画ゴーストバスターズ。

今観るとCGはかなり粗いけどそれでも楽しめる映画だった。

映画に一人は出てくるような目イッてる話の通じない老害的お偉いさんが本作にも出てくるが、最後の方でカタルシスがあったので良かったw

他の人がレビューで書いていた古き良きコメディ映画という表現がピッタリな感じがした。

よく、昔は良かったとか良い時代だったなんていう人が居るが一理あるのだと思った。

現代には現代の良さがあるがそれでも過去には過去の良さがある。
daisuke

daisukeの感想・評価

3.1
横になって観てたら寝てしまった。
面白かったけど。
ゴーストの動きが不自然で、映像に違和感あったが、終始ワクワクして見れた。
陳さんちでみた
TKSD

TKSDの感想・評価

3.6
現代にも通ずる古き良きニューヨーク、古き良きアメリカンコメディを感じた一作。

本作にはキャッチーなテーマソングとマシュマロマンのイメージだけがぼんやりとありました。

ハチャメチャなドタバタコメディーかと思いきや、割とトークで笑いを取りに来るスタイル。主役のビル・マーレイがサタデーナイトライブ出身者だからかもしれません。これはこれで味があってよかったです。

シガニーウィーバーはエイリアンシリーズで眉間にシワ寄せて戦ってるイメージしかなかったので、コメディに出演している本作は新鮮でした。一番強そうではありましたが…笑
ゴーストバスターーーーズ!!!!✊

最初の熟女の悲鳴のなんとも言えないB級っぽさがナイス。
kyuri

kyuriの感想・評価

3.7
かなり昔に観たので、あまり記憶がないですが
いろんなおばけが出てきて楽しい。
子供向けなのかな?意外とえろい。
purity7

purity7の感想・評価

-
南街劇場、吹替洋画劇場

定期的に起こる発作なのですが、どうしても野田版が聞きたくなって、ついに吹替の企画モノに手を出してしまいました。この先には沼しか待ってない気もしています。待ってろ、マクレーン!マクフライ!インディ!

昔の映画館は指定席なんて無く、前の回のエンドロール直前くらいから通路に居座って席取りしたものですが、この作品はロビーまで人で溢れ返っててお祭りのようでした。小学生ながらもう一回連れてってもらったくらいハマったものです。

そしてセル商品化なんて文化もまだ無いですから、その後は地上波放送をビデオに撮って擦り切れるくらい観ます。

それが野田版(ゴールデン洋画劇場版)でした。
最初はね、殺意を覚えましたね。耐えられない声質の軽さだったんです。
でも、公開が終わると逆に字幕版を観る方法が無いので知らないうちに野田版が思い出になったんです。ベンクマンに限らず覚えてるセリフが全てこのバージョンなんです。レイがエクト1で帰ってきたら軽ーい感じで「こぉこに停めちゃだぁめだよぉぅ」と言ってほしいし、「今何階?」って聞いたら「ローティーンってとこだな」「ハタチになったら教えてちょー」ってやり取りしてほしいし、頭上から溶けたマシュマロが降ってきたら「あまぁぁぁぁーい!」と叫んで欲しいのです。

ビデオを観る方法が無くなり、永らく過去の美しい思い出となった野田ベンクマン。やっぱり最高だった。
不真面目なようで、沈着冷静。情が無さそうで、街を守るためなら命かけちゃう。

フジテレビ制作だから、野田秀樹は声優じゃないからと蔑まれる事も多いみたいですが、台本含めて一番作品の意図を汲んだ仕上がりだと思います。

一緒に観ていた5才児が、「このこえ、おもしろーい」とゲラゲラ笑っていたのを見てその思いは更に強くなりました。

吹替で熱くなっちゃったけど、もちろん作品自体も最高!エピローグとプロローグが簡潔な映画に外れなし!魅力的なガジェットがたくさん出てきて音楽が素晴らしい作品に間違いなし!シガニー・ウィーバーが際どい姿になる映画に文句なし!
>|