ファッキンクソ野郎

デビルマンのファッキンクソ野郎のレビュー・感想・評価

デビルマン(2004年製作の映画)
4.2
ついに観てしまいました。伝説と言われるだけある。凄すぎる。これがクソ映画なんですよ。これを観ずにクソ映画を語っていた自分が恥ずかしい。
終盤のクライマックスでデビルマン世界と視聴者の想いが虚無へと向かい、最後には何も残らなくなるのはもはや奇跡としか言いようがない。クソ映画の神が間違いなく降りている。