ひよし

デビルマンのひよしのレビュー・感想・評価

デビルマン(2004年製作の映画)
1.4
まあまあ、クソ映画界に燦然と輝く金字塔ですのでぼくがコメントを付け加えるまでのこともないとは思いますが……。まずいシーン・展開はそりゃもうたくさんあるんですが、特に気になるのは「世界」と「所帯」のバランス感覚で、世界が崩壊しつつあるのにリビングの机にはフルーツ盛りが置いてあるところとか笑ってしまった。
あと、愚かな人類が想像する愚かな人類はほんとうに愚かで、そんな愚かな人類はいないよ……とも思った。まあ人類の愚かさに底はないんですが……。
ちょっとよかったところを思い出そうとしてるんですが、ぜんぜん浮かんでこない。謎の嶋田久作カメオ出演ぐらい?