デビルマンの作品情報・感想・評価

「デビルマン」に投稿された感想・評価

「Devilman Crybaby」を観るまえの予習として、この名高き作品を初鑑賞。

で、期待値が極限まで下がっていたためでしょうか。意外と悪くない、悪くないというか、糞作は糞作ですが、ちゃんと原作を真正面から映像化しようとして、諸般の事情から、結果的に大失敗作となってしまった、という映画かと感じました。

「ほんとうの悪魔は人間の中にいる」という原作のテーマも伝わってきますし、あの有名なラストまで描き切っている。意欲作かと思いました。結果的に大爆死してはいますが。

ぼくがほんとうに嫌いなのは、観客を舐めた映画、つまり儲けるために作られた映画、代理店の会議でマーケティング主体で企画されるような映画です。こういう意欲作ゆえに大爆死した、みたいな作品はどうもキライになれないのですよね。

追記:ビーバップハイスクール世代としては、やや点が甘くなりました。w
ぎゃ

ぎゃの感想・評価

1.2
全体的に演技やシナリオの構成に難がある。
CGのクオリティはそれなりだが、マトリックスよりも新しい映画と考えると作り込み不足と言えるかも。

ボブサップの阿修羅マン芸がおもしろかった。

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅で鑑賞。概ね原作(アニメでは無くマンガ)の流れを汲んでいて、名シーンも再現されている。各シーケンスは悪くないので、撮影現場ではそれなりの手応えがあったのではないか。ただ監督の妻が書いた脚本に原因があるのか、はたまた編集がおかしいのか、つながりが悪くバラバラでまとまりが無い。主演の伊崎兄弟も演技が稚拙で(特に変身後が酷く)、大役を果たせていないと思う。更にCGも粗が目立つショットが散見出来る。魅力的なキャラクターが配されている割に勿体無く、コレが那須博之監督の遺作とは何とも...... 20/100点。

・鑑賞日:2011年5月15日
★☆ 某サイトより転載 ☆★

 
gimi

gimiの感想・評価

3.0
サタンだからな
ちく

ちくの感想・評価

1.5
ヘンな映画だなあと思いながら何回も見てしまう謎な映画
暴走しまくっているし確かに滑舌が酷いけどそれを楽しむみたいな観方をしてしまう
最後の方は結構普通に気に入っている
CGがんばったんだなあ
tbtsn

tbtsnの感想・評価

-
何度かトライしたけど必ず寝落ちして最後まで見れない
wtnbmgh

wtnbmghの感想・評価

1.0
駄作と名高い作品。バイアスなしで冷静に見ようと思ったけど真剣にみればみるほどワンシーンワンシーンの意味の連なりがわからなすぎてすり抜けていく。セリフや表情がいちいち映画としての意味をなしてないから不気味に思えてくる。全員狂人なのかな?っていう作品。あえて“シュール”を“狙っている”のか?と思ってそういう作品だと思いながら見てみてもまたその“意味”をすり抜けていく。極めつけの「ああ〜あ」(棒)という叫び。文句なしの駄作。唯一の希望は子役の染谷将太がめちゃくちゃ可愛い。天使かな?っていう美しさ。「おにぎり美味しい」(天使)。「お姉ちゃん、綺麗だね」(天使)。おねショタ的にも大満足。
エンドロールの長さに胸を打たれる。
平均1.5点は伊達じゃない!
ストーリー、俳優の演技などの内容がうっすいのに無理矢理恋愛や感動するシーンを入れてあるのがムカつく…最後も感動するシーンみたいに終わらせてるけど、これを見てどうゆう感情を出せばいいのか…感動どころか道端で犬のウ○コ踏んじゃったみたいな顔にしかならなかった。まああえて良いところを上げるとするならば、これを見た後なら免疫がついて少しぐらいのクソ映画ではダメージを負わなくなるところですかね…
ぺぺ

ぺぺの感想・評価

1.4
あの噂のデビルマンを見たって言えるだけの映画
デビルマンは変身したら右手を前に出さないと死んでしまう病にかかってる
俳優が全編棒読みなのは当たり前
ストーリーも破綻しまくっている
きたろうは良心
>|