芋けんぴ

ある日どこかでの芋けんぴのレビュー・感想・評価

ある日どこかで(1980年製作の映画)
4.0
ロマンティックな内容に反してタイムスリップの仕方がまさかの「根性」論。なのにこんだけ思い込めばひょっとしたらできるかも、と思わせるあたり実にセンスがいい。

ラストのある些細な行動が及ぼす事態の取り返しのつかなさったらない。

クリストファーリーブの代表作がスーパーマンだけでなかったことをひっそりと、しかし確かに刻む名作。

余談だが本作のタイトルを劇中で引用した某世界的大ヒット映画の結末はこれや「112263」の結末へのちょっとした抵抗のように思われて、観たとき少し嬉しくなった。