べらし

ある日どこかでのべらしのレビュー・感想・評価

ある日どこかで(1980年製作の映画)
4.3
間違いなく最もうつくしい恋愛映画の一本だし、エリーザの肖像が撮られた経緯がわかる一瞬のショットなんて鳥肌がワーーーーーーッと立って涙が溢れてきてラブ大暴れなんだけどラストは超怖いね いいのかそれで!

なので全くもって万人にはお勧めできないしむしろ自分でも納得行ってないところはあるが、観てて良かったと思えるシーンが2つも3つもある、それだけでいいんじゃないかと思います映画って

P.S.
ジョン・バリーさいこう