ある日どこかでの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「ある日どこかで」に投稿された感想・評価

rumi

rumiの感想・評価

3.5
こう…胸がきゅっとなるほどせつなかったな。SFなのにも驚きで。
時代を越えて惹かれ合う二人…運命の人…かあ…。
まさかのクリストファー・リーヴの可愛らしさよ!一生懸命なのが本当に驚くほど可愛らしくてもう。
蝋燭がふっと吹き消され暗転するラブシーンの奥ゆかしさがいいね。
それにしても、ああせつないねえ。せつないなあ。
音楽が良い。
映画の撮影の仕方をいろいろ試してる感。
タイムトラベル系ですが、シンプルで、慌ただしくなくて、ゆったりと観ていられる。
美男美女の競演。
最後は、ショックというか、良かったというか。
アーサー少年かわいい。
追記
作曲家ラフマニノフ
パガニーニの主題による狂詩曲からラプソディー
https://youtu.be/RgtEUr_n9vM
Koheikawai

Koheikawaiの感想・評価

3.5
全体を通して画がきれい。ただラストの展開に物足りなさを感じてしまった。
IKIGAI

IKIGAIの感想・評価

5.0
観終わったあとの余韻を一週間引きずったほど私にとっては印象深い作品です。
「帰ってきてね」

肖像画に描かれた女性に一目惚れするラブストーリー。

主演女優に特別な魅力がないと成立しない映画だけど、ジェーン・シーモアの肩から首にかけての線の美しさは格別。

ラフマニノフのラプソディの雰囲気そのものの映画です。うっとり夢心地の2時間を保証します。

「あの方はただの幻かしら」
emmakuso

emmakusoの感想・評価

3.9
スーパーマン(の人)が、ホテルに飾られた古い写真の女性に心奪われてタイムスリップして恋をする話。
ジェーン・シーモアが美しい。
ラフマニノフのラプソディも心に残る
nova

novaの感想・評価

3.5
時空を超えたラブロマンスは今でこそ数多く見られるけど、その古典版というか、走りかもしれない。初めて見た時このロマンチックなストーリーがやけに新鮮だった。ジェーン・シーモアさんが本当に美しい。クリストファー・リーブもスーパーマンだけじゃない。
JT

JTの感想・評価

4.0
2019年1本目

めぐり逢えたそれだけで2人にとって全てを捨てるには十分な理由になった

タイムスリップもののラブロマンス映画

今となっては失われてしまったあの頃の恋の形
すぐに連絡ができていつでも簡単に出会える現代
それに比べ、ただ話すことやふたり並んで散歩することさえやっとのこと
募る想いの大きさや相手の愛しさ
ただ視線が合うだけで、ただ隣にいれるだけで
想いは時空を超えてめぐり逢う
たとえそれが夢だったとしても
私にとっては最高のハッピーエンドでした

2度観るべき作品です
ひでG

ひでGの感想・評価

4.0
新年1本目はこれ、
ざっくりとした中身しか知らないけど、
巡り合ったんだよ、この作品に!
運命かもしれないな。

僕はやっぱり、こーゆー時間差ドラマが好きなの!

物語は、スーパーマンのクリストファーリーブ演じるリチャードが自作の戯曲の成功パーティに、一人の老婆が熱い眼差しで訪れるところから始まる。

リチャードは、ある女性に会うために、時空を超えて、1912年に。

時空【とき】を超え、立場を超えて、愛し合うリチャードとマッケナ。

美男美女が運命に戸惑いながらも愛し合っていくさまは、愛しくもあり、神々しくもある。

リチャードの押しの一手も可愛い!

あまりにも切なく、哀しい結末。

でもね、でも、今日一年の始まりの日に、
時こそ残酷で、超えることができないものだ!って、ことを痛いほど示してくれたんだよ、この作品が!

時間の余裕があったので、2度続けて観たんだけど、もう二人のことを知っているから、2度目はファーストシーンで、涙が止まんなかったよ。

甘い映画かもしれない、現実離れ?かもしれない。
でも、そんなこと超越するほど、魅力的な作品だと、僕は思いました。

ラフマニノフ、古い背広、懐中時計
道具の使い方もファンタジー!

設定は理解できたけどなんか意味不明だった。
タイムリープ系の恋愛映画だけど、わたしはあんまり好きじゃなかった。
雰囲気が素敵なのはわかる。