ninjiro

告白のninjiroのレビュー・感想・評価

告白(2010年製作の映画)
3.8
中島監督の、所謂”若者”に対するスタンスは、本作でも異常に狭小な視点で性悪・性善の選択を迫るまでの、思い切ったものである。
イマドキノワカイモンハという、時の流れにより若者の群れから卒業させられたサブ若者のあるあるの根底にある、自分の時代には出来なかった、振る舞えなかった諸々の事項に対しての羨望に似た感情の発露が、復讐にまで増幅したような過激な表現でほとばしる。
本作がその頂点なら、センセーションを狙った戦略と思えるが、「渇き。」の存在により、これは作家性か、二匹目の泥鰌なのか、穿った見方をしたくなるものである。