もやし

告白のもやしのレビュー・感想・評価

告白(2010年製作の映画)
5.0
どうせ見ても嫌な気分になるだけなんだろうなあと思って見てなかったけど、中島哲也監督作品ってことでやっぱ気になって見ちゃった。

嫌な気分になるどころか想像を絶する絶望感が…笑 ひでえ映画だなこれ笑
勢いでレビュー点0.1点とかにしてやろうかと思った笑





原作既読なんだけど、これがあの告白かっていうぐらいの大胆な改変で、やっぱ中島哲也監督好き!ってなった。




救いのなくなった人が救いのない感情で救いのない人を増やしていく話、としか言えないよねこれ…



でも、ずっと見てると何だか懐かしい気持ちになった。
中学生の頃のあのよくわからないグジャグシャした感情のようなものを。

そして静かなピアノの音楽と共に美しい空の情景が映し出されるエンドロールを見てて、何だかあの頃の頭の中の大きくて広い抽象的な変な世界観が想起された。

どうしようもないくだらない人間の性質が沢山出てくるけど、それの本質は実はとてもリアルで、誰もがわかる等身大のもののように思った。

何の良心も湧かないこの映画の世界観において、そういうリアルさがよりはっきり浮かび出てきているように見えた。

決して作り物じゃない世界がこの映画にはある。