obao

淑女と髭のobaoのレビュー・感想・評価

淑女と髭(1931年製作の映画)
5.0
on DVD.(再見)
これって、こんなに面白かったのか…と。再見して思いました。

コントのような剣道の試合から始まるナンセンス・コメディ。髯面のむさくるしい男が、髯を剃った途端に、今までバカにされていた令嬢や不良娘から好意を持たれるが・・・。随所に笑いどころが散りばめられた喜劇。そして、結末がジンときて、すごくいいです。

8日間で撮り上げた今作は、力を込めた前後作(『お嬢さん』『美人哀愁』…ともに現存しない)よりもいい出来だと小津が回顧しているように、軽さが良い方に出て…うん、面白かった。