ぽん

道のぽんのレビュー・感想・評価

(1954年製作の映画)
4.4
わたしが居なくなったらこの人は1人になってしまう… という気持ちで残った結末があれっていうのが残念だけどリアルだなと思ってしまった

居眠り中に置き去りにされるジェルソミーナと最後彼女の死を知って泣き崩れるザンパノが重なって悲しかった

この先もザンパノは自己表現を暴力でしか出来ないから横暴な振る舞いを繰り返してしまうんだろうなー、、幸せになってほしいけど無理だよね、、切ない、、

身売り、放浪、生きづらさを抱えるザンパノとジェルソミーナ、厳しい現実っていうか暗くて絶望的でもあるような内容だけどその切なさが好きです。

高橋大輔のバンクーバー五輪の道ってこれだったのね!!