のら

ザ・タウンののらのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・タウン(2010年製作の映画)
2.9

このレビューはネタバレを含みます

犯罪都市のチャールズ・タウンに生きる人々の物語。

アイリッシュ・ギャング。度々映画に出てくるけどこええ。ベン・アフレックたちに仕事を持ち込む花屋のおっさんが特に。
ベン・アフレックの強盗仲間のジェレミーはまりすぎよ。最高だった。ブレイク・ライヴリーはまたアデラインとは全然雰囲気違う。貧困層の頭弱いお姉ちゃんの演技がうまかった。
なぜレベッカ・ホールみたいな女性がベンみたいな柄の悪い男にあっさりよろめくのか謎。もっと疑おうぜ!
強盗しといて新たに旅立つとか言われてもな〜結局盗んだ金全額彼女にあげたの?? そんな金イヤじゃない?
金の中にオレンジ忍ばせてる演出もウワァ…ってなった…
爽やかに閉められたけど、なんかもやっとする。
ラスト10分は面白かった。