villjobba

スクール・オブ・ロックのvilljobbaのレビュー・感想・評価

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)
4.5
gleeのDVDが揃ったことだし、名作音楽映画をおさえておこう祭パート1。

最高の一言でございました。
調子のりすぎてバンド辞めさせられたダメ男ロッカーが金目当てにウソをついて教師を始めたら、子供たちの音楽の才能を発見しちゃってバンドを組むという物語。
元々のストーリーや展開が素晴らしければ、途中の細かいツッコミどころなんて忘れ去られるし、そもそも最初からそんなに気にならないんだな。防音対策そんなに簡単じゃねぇよとか、そのくらいだけど。

どんどんノリノリになっていく子供たちがかわいすぎる。最初は金目当てで独りよがりな主人公も、心を入れ替えるシーンなど無いのに子供たちとの交流で良い人になってるような気がしてくるんだわ。そしてテンプレートな堅物保護者や校長の存在など、最後の演奏に持っていく流れが王道すぎて、中盤の時点で「これ絶対最後泣くわ」と分かってしまうね。

んで、その肝心の最後の演奏がね。
笑って泣ける。文字通り笑いながら泣いたよ。声に出して。こんなこと初めてかも。楽しくて楽しくて仕方なくて、でも感動している状態。
あの舞台は彼らにとっての初体験なんだよね。この経験が彼らの人生にとってどれほど大きなことか、彼らは緊張しつつも楽しんで演奏しているんだろうなとか思うとアアアアアアアア
子供が演奏してる時に親のリアクション見せるのがズルすぎるんだよなぁ。そんなの泣くに決まってんだろ。
これ書いてても思い出し泣きしそうだわ。

子供たちのクラスはバンドを組むには人数が多くてね。十数人いるからね。Slipknotでも9人だからね。
主人公は演奏以外の役割も子供たちに与えていく。
そして練習風景シーンの中でも、彼らの活躍も描いてくれる。
これで主人公の好感度が上がる。演奏するだけがロックじゃない。文字通りロックの学校。
その練習風景も、長すぎず短すぎない。退屈しない程度の長さでありながら、スタッフが音楽経験あることが見てとれる個々の練習シーンの描写の細かさ、彼らが十分に努力したことが伝わるような演出。

ロック以外の音楽をそれほど否定せずにロックの素晴らしさを教えてくれるし、もともとロック好きな人にも涎を垂れさせるBGMの数々がサイコーなのも忘れてはいけない。
曲が流れなくても、リフだけ出たり名前だけ出たりアルバム現れたりするからニヤニヤできる。

楽しくて楽しくて、そして感動できる超王道ロックンロールコメディ、誰にでもオススメできるやつじゃん!
なにより子供たちがかわいい。