米倉ケイ

スクール・オブ・ロックの米倉ケイのレビュー・感想・評価

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)
5.0
騙されて!みて!!みるんだ!!

日本公開当時、映画館でこの映画を見た私は帰り道に姉と2人でサウンドトラックを買い、その後人生で初めてロックのライブにも行った。
世間的には比較的「良い子ちゃん」の分類に入る私が、まんまと崩壊した。

ああもうくだらない……ばかじゃないの……
だけどなんだろう……これ……
応援したいな……

バンドを追放されたろくでもない大人が、子供とバンドを組んで大会に出てしまう
なんの現実味もない話ですが子役がすごく上手です。
ジャック・ブラックのはちゃめちゃぶりが度が過ぎているようで、頭の良い子供がそれに共感していくので見ていてすごく和むんですよ。
子供の悩みのタネが昇華されていくのも、見ている側の願望とマッチしてくる。

「とにかくこの子供たちの演奏が見たい!
落ち着くとこに落ち着くなんてやめてくれ!
ロックだ!!
ロックしてくれ!!!」


サマーの下手くそさがたまらないし
フレディがヤンチャでワルぶってるのに素直なのが可愛いし
ザックのギターソロはほんとにかっこいいし
トミカの歌に入ったらもう…バカみたいに……泣くんですよ……
ぶわああぁぁぁぁぁああうあぁぁぁぁぁああ;_;


最高や……
理屈はいらねえ……
何度も観ちゃう