のび

のびの感想・レビュー

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)
4.0
『スクール・オブ・ロック』、暗い表情、不安な表情を浮かべていた子どもたちが、最後には必ず楽しそうで晴れやかな表情を浮かべるのが印象に残る。人々が抱える鬱屈した暗い感情さえも、ロック的な言葉にして、ロック的な歌として声に出す。すると、そこには人を輝かせる力、さらには世界を変える力が宿るのだ。

子どもたちにロックを教えるのはニセ教師デューイ。ひとりよがりな演奏をしてバンドから追い出されてしまうロックバカな暑苦しい男だ。もともとがたまった家賃を支払うためにバンド・バトルで賞金を手に入れようと目論む私利私欲が、デューイの行動原理だ。だからこそ、デューイが奮闘する姿にはある種の本気さ・真剣さがある。

そもそもの理由や動機はどうあれ、デューイは本気で子どもたちにロックを教えて、本気で最高の演奏をすることを目指した。すべての子どもたちに役割を与え、子どもたちが不安を抱えればお前ならできると励まし続ける。そんなふうにデューイが本気で最高のステージをつくり出そうとする姿は、すがすがしさを覚える。

『スクール・オブ・ロック』はセクシーなデブ・デューイというキャラクターがあってこその物語だ。