unO

スクール・オブ・ロックのunOのレビュー・感想・評価

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)
4.0
ロックンロールに傾倒しバンド活動を行うも、自分本位なパフォーマンスが仇になってバンドをクビになり、同居している友人のガールフレンドから家賃の滞納を咎められたギタリストのデューイが、友人に成りすまして臨時教師として雇われた名門小学校で子供たちにロックを教えることで起こる騒動を描いた青春コメディ映画です。

コメディ映画らしいお気楽な展開ですが、生き生きとした登場人物達が織り成すドラマに思わず笑わされ、最後には健全で心癒される余韻に浸れる、ウェルメイドでハートウォーミングなコメディ映画です。ロックの扱いも反骨心や自由の象徴のような、権威主義的で懐古主義的な崇め奉り方をするものではない所にも好感が持てます。

本作でロックはあくまで作品と観客、主人公を始めとする大人たちと子供たちをつなぐ橋渡しの役割を担います。ロックにのめり込む子供たちが次々と自らのアイディアを出し、それが受け入れられ実践することで他の誰かの心を動かす、それは定型的な教育では得難い成功体験で、この授業を受けたいと思わされるだけの大きな魅力があります。