スクール・オブ・ロックの作品情報・感想・評価

スクール・オブ・ロック2003年製作の映画)

THE SCHOOL OF ROCK

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.8

「スクール・オブ・ロック」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

4.0
『スクール・オブ・ロック』、暗い表情、不安な表情を浮かべていた子どもたちが、最後には必ず楽しそうで晴れやかな表情を浮かべるのが印象に残る。人々が抱える鬱屈した暗い感情さえも、ロック的な言葉にして、ロック的な歌として声に出す。すると、そこには人を輝かせる力、さらには世界を変える力が宿るのだ。

子どもたちにロックを教えるのはニセ教師デューイ。ひとりよがりな演奏をしてバンドから追い出されてしまうロックバカな暑苦しい男だ。もともとがたまった家賃を支払うためにバンド・バトルで賞金を手に入れようと目論む私利私欲が、デューイの行動原理だ。だからこそ、デューイが奮闘する姿にはある種の本気さ・真剣さがある。

そもそもの理由や動機はどうあれ、デューイは本気で子どもたちにロックを教えて、本気で最高の演奏をすることを目指した。すべての子どもたちに役割を与え、子どもたちが不安を抱えればお前ならできると励まし続ける。そんなふうにデューイが本気で最高のステージをつくり出そうとする姿は、すがすがしさを覚える。

『スクール・オブ・ロック』はセクシーなデブ・デューイというキャラクターがあってこその物語だ。
Ayk

Aykの感想・評価

3.2
記録
kummy

kummyの感想・評価

5.0
すくーるおぶろっく!
ハッピーになれる映画✨
天使にラブソング2を思い出しました。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.8
久々に見たら、思ったほど面白くはなかった。
とりあえず、AC/DCリスペクトな感じがいい。(衣装、使ってるギター、弾き方)

あと、色んな場面でレジェンドなアーティストの名前が出てくるのが好き。
kaito

kaitoの感想・評価

4.5
短文感想
彼は社会的に見ればロクな大人じゃないが、ただただロックなやつだった。
笑えるし、ちょっと感動もするし、とてもいい映画だった。

また時間あるときに観たい!
tetsu

tetsuの感想・評価

4.1
地元で行われた 無料の音楽フェス
"comingkobe"に参加した後、
その足でメディアミックスイベント
"078kobe"の映画野外上映イベントに参加して観賞!

バンドをクビになったギタリスト
"デューイ"は、あることがきっかけで教師になることに...。
最初はヤル気のない彼だったが、生徒たちに音楽の才能があることを発見。
自分の得意分野<ロック>の真髄を教えるべく授業を始めるのだった!

『アイアンマン』でお馴染み、AC/DCの楽曲や、『マイティ・ソー』最新作での起用も新しい"あの曲"など、マーベルファンにも嬉しい本作。

今、考えれば、僕が最初に好きになった音楽映画は本作だったかも!

小学生の頃以来の観賞とはいえ、
子供たちの愉快な演技やジャック・ブラックさんのコメディ演技は全く色褪せておらず、純粋に楽しかった!
また、今回のイベント会場でも時折笑い声が聞こえ、今もなお、名作と名高い本作が誰でも楽しめる作品だということを改めて実感した!

個人的に、
ライブハウスを舞台にしたオシャレなスタッフクレジットが出るOPと、
ジャック・ブラックが衝撃の発言をするEDが見所なので、是非、注目!笑

ちなみに、
今回、僕が参加したフェスではダイブが禁止だったため、残念がっていた人も沢山いましたが、本作ラストの演奏シーンでは、そんな参加者の気持ちをスカッとさせるシーンがあり、ちょっと嬉しかったです。笑

今年の"078kobe"のイベントは終了してしまいましたが、とてもステキなイベントなわりに、まだまだ知名度が低いので、
今回、興味をお持ちになり、お時間に余裕がある方は、来年、是非ご参加くださいませ!!

参考
FILM – 078Kobe
https://078kobe.jp/events_category/film/
(↑コチラには、今年おこなわれたイベントの概要が載っております!)
Ketchup

Ketchupの感想・評価

4.0
音楽のことは分からないが、泣きそうになった。てか涙が出てないだけでほぼ泣いた
Yukky

Yukkyの感想・評価

4.0
Rockな教育
>|