マンメンミ

あしたの私のつくり方のマンメンミのレビュー・感想・評価

あしたの私のつくり方(2007年製作の映画)
3.0
成海璃子の透明感と存在感が凄かったです。他の若手俳優の棒読みが目立つだけになお引き立っていました。
内容は環境に応じた役割の中で、本当の自分は誰?と悩み葛藤するというもの。
話が短いのでダレずに観られました。自分も中高生の時は同じように考えていたけれど、成長したらそんな事考えなくなりました。成長したのか、いい加減になったのか、どちらでしょうか。