そろそろ

大人は判ってくれないのそろそろのネタバレレビュー・内容・結末

大人は判ってくれない(1959年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤の、教師がテキストを投げ捨てるまでのテンポの良さで傑作だと確信する。
大人の後ろに列をなした子供たちが気ままかつリズミカルに離脱していく様が楽しい。
主人公の友達の服装が渋い。
大人による庇護と迫害でぐしゃぐしゃになった身と心を振り払うかのように少年は全力で走る。
振り返った少年の曖昧な表情が脳裏にこびりつく。