マドカ

紅の豚のマドカのネタバレレビュー・内容・結末

紅の豚(1992年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

子どものときになんとなく金曜ロードショーで観ただけだったので、大人になって観直しました。

豚になったポルコとそれぞれの魅力が溢れるジーナとフィオ。そして憎めない他キャラクターたち。

豚のポルコがモテモテなのは自然なことだと思います。覚悟がある男、勝負ができる男はいつの時代でもどんな風貌でもすてき。わたしもポルコに漢を感じます。
豚でも猪でもぐらでもポルコはかっこいい!

個人的な意見なのですが、ポルコよりも、宮崎監督のほうがフィオに首ったけだったんじゃないかなあ。
フィオをポルコから守りたかったんじゃないかな…なんて思ってしまいます。

運命共同体のポルコとフィオが一緒になることでフィオが苦労することが目に見えていたから、かわいいフィオを守るためにラストが以下になったんじゃないかな。。

「こいつをカタギの世界にもどしてやってくれ」

ポルコのフィオへの愛と、監督のフィオへの愛、このセリフ、2つの愛の意味がある気がしてなりません。

ということで、わたしのなかで、宮崎駿監督は紅の豚の影の重要な登場人物だと思い込いこんじゃってます。