紅の豚のネタバレレビュー・内容・結末 - 2ページ目

紅の豚1992年製作の映画)

PORCO ROSSO

上映日:1992年07月18日

製作国:

上映時間:91分

3.9

あらすじ

「紅の豚」に投稿されたネタバレ・内容・結末


加藤登紀子がエロすぎ、素敵すぎ。

豚さんかっこよすぎ。
飛行機でみんなと一緒に逝きかけるところでいつも涙します。
子供の頃よさがわからなかったから今見返してよかった
いい男といい女しかいないしみんな空を飛べるし最高
最後のちゅーが可愛すぎてわたし的ベストキスシーンだったかも
オープニングこんなカッコよかったっけ。
愛する人を待つジーナは影があり色っぽくて好きです。フィオの若々しく元気な姿もいい。フィオの天真爛漫さに振り回されるポルコもカーチスにジーナの事言われて顔真っ赤にするポルコも可愛い。

主人公が渋くヒロインが大人な女性という点で宮崎作品では結構異作のように扱われてるけどやっぱり他の作品と同じく機械や飛行機を動かすシーンとか楽しそうに描いてるんだろうなっていうのが伝わる。
幼少期のジーナのスカートがめくり上がってポルコが赤面するシーンが一番好き。
カーチスとの決闘でカウント1秒前のときにお得意の機械描写ではなくてフィオの顔のアップになるカットはカッコいいなと思った。
ポルコが人間の姿になったりとかハウルに引き継がれてる感じもして好き。
個人的には人間姿のポルコ(マルコ)の顔も隠して欲しかった。

フランス版だとポルコの声がジャンレノなのが良い。
久し振りに録ってあったやつを見返したら号泣してしまった、、

クライマックス、ジーナの船が発とうとした刹那フィオが半身を乗り出し、ポルコの唇を奪う。呆気にとられてるポルコに尾翼が景気良く激突すると、そのまま船は風に乗り、フィオの麦わら帽子が攫われていく
水面を発ったジーナの船を、空に追いかけるように流れる久石譲の「帰らざる日々」。残ったポルコは揺蕩う麦わら帽子を拾い、被りながら空を仰ぐ、、
完璧すぎます
もう
完璧です

宮崎駿が唯一趣味100%で作った映画ですね
全編に渡って彼の“カッコよさ”の美学を叩きつけられる
なので彼の感性にシンパシーを感じる者は「ほら、カッコいいだろ?」という宮崎駿の声に終始赤べこにように首を振り続けるしかないのです
初めてちゃんと観ました
『紅の豚』。

いつも適当に流してたので
今回ようやっと
ラストシーンでオヤジ2人が対決してた
理由を理解しました(笑)

フィオって女の子に関しては
「あー、いたかも」レベルでしたし(^-^;
フィオに関しては、今回観てて
ずーっと気になっていたことが。
「この声、
どこかで聞いたことあるぞ……?」
調べました。
『ONE PIECE』のナミでした。
なるほど。
途中からはもう
ナミにしか見えませんでした(笑)

思っていたよりは面白かったけど
まだ早かったのかなあ。
歳取ったら
良さがわかってくるのかな。

マルコはなぜ豚になったのか?
もう人間同士の争いが嫌だったから?
でもなぜ敢えて豚に?
それは宮崎さんが自身を
マルコに投影したからかなあ、って。
宮崎さんの自画像、豚だし。
……なんて単純な考えですけど。
11/20/18
Over times I’ve watched but it haven’t made me boring
大人になってまてこの作品の良さがわかってきた
とばねぇ豚はただの豚だってばよ
初めて観たけど、ジブリの中で1番好きかもしれない。というのも珍しく完全なハッピーエンドではなく、寂しさや不可解な所が残る、良い意味で後味が悪いところが逆に良かった

印象的だった所
・画面がとにかく鮮やか(飛行艇、街並み、海)で気持ちいい
・豚の魔法がなぜかかったのか不明な上、最後まで魔法が解けなかったところ
・「紅の豚はそれ以来私達の前に現れなかった」、と最後に回想的に語られる寂しさ
・紅の豚が想像以上に渋い良い男だった
飛行機の動きがとてもワクワクします。
「良いパイロットの第一条件を教えて?経験?」
「いや。インスピレーションだな」
っていう掛け合いが凄く好きでした。
あとで書こうと思ったけど色々忘れすぎた。
最初の空賊と豚と子供の絡みのシーンが可愛くて好きだった。
なんで豚になったとか、そういうのはちゃんと深い理由があるんやろうけど、わからんかったー