あしたの私のつくり方の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「あしたの私のつくり方」に投稿された感想・評価

これね、期待せずに観て案外面白かったやつ。高校生で見たのかな?あるあるって思えてた。現役が。
最近思い出しレビュー多い。改めて見るかしよう。反省。
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

2.5

なんでこんな映画にこんな豪華な役者が?
なぜトモロヲが?
と思いながらみてたらおわった。

あっちゃんが今より演技ちゃんとしててプクプクしててかわいい。

中学生が中学生なりにがんばる映画。
ちゃんとした人生歩むんだろうなー
まこと

まことの感想・評価

3.6
成海璃子はもっともっと有名になってほしいと思ってる女優

静かで落ち着いた役がかなり上手いから、サスペンス映画とかの資質は絶対にあるはずなんです


もう一人の主演の前田敦子が子役のように幼くてビックリ

てかこの時ってがっつりAKB48の現役の時ですよね、こんな映画出てたなんて知りませんでした


他人の前で演じてる自分なんてみんな少なからずあると思う

だからこそ等身大の姿でぶつかれる相手が自分にとって特別な存在になるのは当たり前

それは決して友人知人だけにじゃなくて一番身近な家族に対しても

そして自分自身にも
青春、思春期教育映画
成海ちゃんに全ての評価が。
見事な演技
まい

まいの感想・評価

3.7
成海璃子ちゃんの演技力が秀でていた。
内容はとても共感できた
南

南の感想・評価

-
成海璃子ちゃんきゃっわ〜〜
すごく社会学的な映画でした
社会学と思春期のモヤモヤと
こう、深く考えるのは自分の役とか本当の自分、とか、あるよね
映画自体のビジュアルはあんまり好きじゃなかったけど映画のストーリーや役者さんたちは好きです
IKUNA

IKUNAの感想・評価

3.1
本当の自分は演じてる自分でもあるし、素のままの自分でもあるし、今の自分が本当の自分だなぁ、若い時はこんな事で悩んでたなって思った
Ami

Amiの感想・評価

3.5
みんな可愛い。こういうことに悩む時期もあったなと懐かしくなる
まこ

まこの感想・評価

4.0
誰もが演じている役ってあると思う。
それを役割と割り切れずに、自分とは何なのか考え悩むことは思春期に起こるだろうなと感じる作品。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
成海璃子と前田敦子が小学生から高校生まで演じていて学生時代の不安定さが苦しいね。
この頃の成海璃子は凄く可愛い。