ika

クリスマス・キャロルのikaのレビュー・感想・評価

クリスマス・キャロル(1938年製作の映画)
-
この文化は歌が良い。

孤独な爺さん、スクルージが過去、現在、未来をのぞき見して、いい朝を迎えるクリスマス映画。1938年、1番古いクリスマス・キャロル。

過去でみた昔の自分。現在では、心から喜ぶ子どもたち。未来で自分の死をのぞく。のぞき見している世界から、こちらの姿は見えないのね。

この白黒「クリスマス・キャロル」のなかで歌われる歌は「神の御子は今宵しも」。定番の賛美歌で、聖なる子どもの誕生日を祝う歌。
クリスマスだけは教会に憧れるワ!

メリークリスマス!
v(^_^v)♪ほーほーほー

ボニージャックスの「神の御子は今宵しも」@AppleMusic。
https://itun.es/jp/80r--?i=1056514593