耳をすませばの作品情報・感想・評価

「耳をすませば」に投稿された感想・評価

大好きな邦画の恋愛映画

キャラ、演出、セリフ、展開が非常に現実味があり、映画全体に良い甘酸っぱさが出てます。

中学生の恋愛や夢や受験の悩みをかなりストレートに描いていて、すごいアオハルしてんな羨ましいぞってなった

また、明るい映画だけど人を振ったり夢を追おうとして現実にぶつかったりのモヤモヤする部分をストーリーの中でしっかり描いているのは良かった。

日常会話の内容や生活の写し方がリアルで中学生は本物の中学生に見え、先生は本物の先生に見えます。
何より中学生の恋愛なのに目を背けたくなるような恥ずかしさが無いのが良いです。雫の恋愛を冷めることなく応援できました。

見心地が良く余韻がしっかり残る映画です。

ジブリは惜しい才能をなくしたなぁ。
甘酸っぱくてよい。
こんなに中学生のむず痒さを表現できるのが凄い。
UMA

UMAの感想・評価

4.5
記録
dice

diceの感想・評価

4.0
思春期の少年少女の危なげなさや純粋さ恋愛、悩みといった「青さ」を丁寧に描いた良作。地球屋の店長のバロンについてのエピソードや天沢聖司が「帰ってきたら結婚しよう」といった後に流れるEDなど「帰郷」を歌ったカントリーロードの歌詞の汲み取り方も素敵でした。
melon

melonの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

雫が初めて書いた小説を聖司のおじいちゃんに見せるシーンがグッときたなあ。
気が張りつめながらも、何かに夢中になるってとっても良いことだと思う。
>|