ジャック・ドゥミの少年期の作品情報・感想・評価

ジャック・ドゥミの少年期1991年製作の映画)

JACQUOT DE NANTES

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

「ジャック・ドゥミの少年期」に投稿された感想・評価

となみ

となみの感想・評価

4.0
最初は思ってたのと違って動揺したけど、優しく誘ってくれるおかげですぐに楽しめた。
「いつかは見なきゃ」と義務感のようなものを感じてたジャック・ドゥミの映画、この映画を見てからは「ぜひ見たい!」に変わった。
内容は邦題の通りなんやけど、観るといい意味で意外な面白さがあって好き。
恵比寿ピクニックシネマにて鑑賞。そういえば昨年はジャックドゥミ監督のロシュフォールの恋人たちをここで鑑賞していた。これは…何かの縁か?主催者の狙いだったのか?笑

私の記憶にまだ新しいロシュフォールの恋人たちは大好な作品になった。この場所で見る作品はいつも特別なものになる。あの音楽が、色彩が未だに蘇る。この少年期では、ドゥミが幼少期からたくさんの芸術に触れ、映画に夢中になったその眼差しをカメラに例えるように後に生まれた作品たちを次々にリンクさせながら作品は進む。何かに夢中になるその眼差し。その眼差しを愛おしく、愛おしく撮影したのは妻のアニエスだ。 アニエスはドゥミを愛した人たち、ドゥミが愛した人も町も自然も歴史も映画も、その全てを記録し、そして映画に愛を込めて、ドゥミへのラブレターをつくってしまった。このラブレターの歴史を知ると、本作は更に深みを増し、私たちに多くを語りかけてくる。2人のことをもっと知りたくなる。まだ見ていない2人の作品を見てみよう、そう思わせるこの作品は、私たちへのラブレターでもある。また特別な作品が一つ増えてしまった 笑

毎年楽しみにしているピクニックシネマ、毎回、上映後に主催者の方のお話しがあります。今回も素敵なエピソードを交えてのお話がとても印象的でした。まだ行ったことがない方、機会があったらぜひ行ってみてくださいね。風と夜空の本当に素敵な映画館ですよ。

初めての野外映画で鑑賞

フランス映画ってことでやっぱり普段の映画の見方では理解できないなと感じた

色々と考えながら最初は観ていたけど、後半はただただジャコの映画への情熱に惹き込まれるばかりで、あまり頭を悩ませずに観ることができた。

情熱を持って行動することの重要さというか、好きというパワーみたいなものはやはり尊い

『子供は走るのさ』

という台詞が個人的に好きだ。
自分はもうオッサンだけど、なりふり構わず走りだせることをあといくつ見つけれるだろうか

オッサンも走るのさ



こっからは蛇足だけど、
野外映画って開放感がとても気持ちいい!
でも前の女子達が映画を1秒も見ないで自撮りしてくっちゃべってて、『映画はインスタ映えの道具じゃねぇ!何より五月蝿えぇぇぇ!!!』
と思ってしまい
[楽しみ方は人それぞれ]と頭では分かっていてもそんな姿にどうしてもイライラしてしまった自分は野外映画向かないかもと思ったよっていうお話。

大人になれないなぁ
pochio

pochioの感想・評価

-
ジャックドゥミの少年期
映画にのめり込む少年

ピクニックシネマで野外で鑑賞。
情景が綺麗だった。

話がよくわからなくて わかりたい!と思ってるうちに観終わってしまった。

主催者側の人が最後話してくれて
その方も最初観た時全然意味が分からなくて でも当時付き合っていた彼女が面白いと言ってたから知りたいと思って後から知ってみると面白かったと言っていて 誰かの青春?の一作品をそれきっかけにみれて 普通なら流して終わりそうだけど もう一度ちゃんと知ってからみてみたいなーと思った。

子どもは走るのさ
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.8
「シェルブールの雨傘」の監督ジャック・ドゥミの幼少期、どんな時代で何が彼を映画にのめり込ませたか、彼の映画に影響を与えたことを、実際のジャック・ドゥミの言葉と共に、フィクションで語られていく。
モノクロームとカラーの対比が美しく、面白い。
ドゥミの映画をもう少し知っていれば、より楽しめただろうな。
magnolia

magnoliaの感想・評価

3.0
『les demoiselles de rochefort』の監督が映画監督になる前までの話
幼少期のこんなエピソードがこの作品のこの場面になる、といった対比がコミカルに示されるのが面白い
大した装置もない中、1人でストップモーションな映像を手作りする、撮りたくてしょうがない!という気持ちが作品全体から溢れている
漸くパリに行けた、と言う時のはにかみ顔、最高

全体は平坦なトーン、エピソード間にそれほど強い因果はなく、色遣いや挟まれる実映画シーンが良いので、エンドレスにループするこの作品を通りすがりに横目でチラチラ、時々座って、みたいな観賞がいいかな

「ヒットラーは5フラン」
ま

まの感想・評価

-
恥ずかしながら、ジャック・ドゥミ、アニエス・ヴァルダ共に作品を一つも見たことがありません、、
ので、初見でこの作品全ての良さを感じる事は出来ず若干不完全燃焼でしたが、ものづくりに対する情熱とドキュメンタリーパートの接近したアングルで映されるジャックの肖像にはとても心を揺さぶられました。
mikankoba

mikankobaの感想・評価

3.3
フィクションが好きな人は好きな映画かもしれないです。
普通の人で初見で見てこの映画いいって思う人は多くはないと思う。
ストーリー性があるかと言われたら無いけど、ジャックドゥビの作品を事前に観た人ならまた違った良さを見出せると思います。めちゃ楽しむなら準備した方がいい??
「映画を撮りたい」と想う気持ちってすごい
>|