スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスの作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス1999年製作の映画)

STAR WARS: EPISODE I - THE PHANTOM MENACE

製作国:

上映時間:133分

3.8

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に投稿された感想・評価

KAORU

KAORUの感想・評価

4.0
子供の頃、初めて見たスターウォーズがこれだった。生き物から建物、風景すべてが独特で感動したのを今でも覚えてるし、今でも何回も見てしまう。
ラストはショックだった。
個人的にオビ=ワンが好き。
NANA

NANAの感想・評価

4.3
アナキンが超絶かわいい。
Shuu

Shuuの感想・評価

4.5
世界中が待ち焦がれていた『スター・ウォーズ』の序章。舞台は前3部作から遡るこた約30年、ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を描く。通商連合の調査に向かったジェダイ騎士は、その背後に銀河征服を企む暗黒卿の存在を知る。ジェダイ騎士のクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、砂の惑星タトゥイーンでひとりの少年アナキンと出会う。アナキンに秘められたフォースの力を感じ取ったクワイ=ガン・ジンは、彼をジェダイ騎士団に入れようとするのだが……… 。

今作は、アナキンの少年時代を暗黒卿の新たな画策と共に描いていました。ダース・モールが普通に強すぎです。クワイ=ガンとの一騎打ちはモールの技が光ってクワイ=ガンを倒しましたね。EP3のアナキンと今作のモールだったらさすがにモールは歯が立たないとは思いますが、オビ=ワンとの一騎打ちも実際優勢でしたからね。モールの結末はちょっと悲しかったな(泣)
クワイ=ガンを火葬しているシーンでヨーダとオビ=ワンがアナキンをジェダイ騎士団に入れるか入れないかを話しているときの "あの音楽"。ゾッとします(恐怖)
ヨーダがあれほどにアナキンを受け入れたくなかった理由は確かにフォースは強いが、強すぎるがゆえにヨーダはその力をコントロールできないと考えていたから。ヨーダがクワイ=ガンの遺志を尊重して彼を受け入れたけど、結果的にヨーダが予見していた通りになりました。
フォースの強さがモノを言う世界でも、決して自分の思い通りにならないということはフォースを持たない人間界でも同じことのようです。
曲★4
ストーリー★3
メッセージなし
壮大な親子喧嘩
シリーズでいちばんすき
単純明快やっぱ面白い
クワイガンの包み込むような優しさと落ち着き、そして何より
評議員の操り人形にならずに自分をしっかり持って奔放に振る舞う所がカッコイイ
まぁ意見を押し通した所為でジェダイは滅んだんだけど
男は権力に屈せずこうありたいよね

オビワンはまだパダワンって感じ
パドメとアナキンは安定の可愛さ
3POとR2は癒し
ダースモールの悪人面と強さ、赤のライトサーベルがかっこいい

武闘シーンとポッドレースはやっぱり手に汗握る

パドメとアナキンの出会い好き
「お姉さん天使なの?」って
アナキン初対面でめっちゃ純真に口説くやん(笑)
今度真似させて頂く(笑)

話変わるけど、
アナキンとお母さんを別れさせるのは辛かった
クワイガンフォースでお母さんも奴隷から解放してあげてよ😭

平成生まれの僕からしたらやっぱりこれが第1作目
>|