「ハルフウェイ」に投稿された感想・評価

当時、北乃きいと岡田将生がテレビドラマでも共演していて…
『太陽と海の教室』

この映画を見て、実際に付き合っていたんじゃないかってほど自然な演技。

カメラワークが「今」を写していて、加工された映像じゃないから雰囲気が良いなって思った。

出演者が豪華でびっくり。
先生たちの言葉が本当に刺さる。

目先すぎるか…
学生時代にこんなわがままを言えれば良かったな…高校生が羨ましい。
だけど、それは まだ 物語の途中…
岡田将生がひたすらかっこいい
きいちゃんもかわいいなあ
でも わがままだな〜☺️

このレビューはネタバレを含みます

メンヘラ女を書かせたら右に出る者はいない北川悦吏子。いや、右に出る者はいないほどのメンヘラ女が北川悦吏子なのだと思う。本人独自の恋愛観がこれしかないのだろう。必ずと言っていいほど、恋愛において新しいことを始める時、人は今あるものを捨てなければならないんだ論を振りかざす。そして本人が絶対だと思っているこの論理を毎度毎度振りかざす。主役に言わせてみたり、脇役に言わせてみたり。言わせる立ち位置を変えるだけで、ほぼどの作品でも(イライラするのでこの人が脚本のもの全てを見ている訳では無いが…)同じ。

Amazon無料配信リストの中からキャストで選んで見始め、まるで北川悦吏子だな!と思ったら、やはりでした。しかも監督まで。岩井俊二が映像担当されているようだったのでがんばって観たが、酷い。苦痛でしか無かった。ただこれを、大学進学を控えた田舎の高校生が観たらどう感じるのだろうという興味は持った。

役者陣は皆とても良かった。主演の二人がアドリブだと知り、だから先生(成宮寛貴)に例の台詞を言わせたのか…(苦笑)とも思った。北川悦吏子が絡んで演じた主演の女性は皆、観る者をひどくイラつかせるので注意が必要だ。可愛い北乃きいちゃんを、こんなにイラつかせる北川ワールド。

そして大沢たかお。あなたがいなかったら成り立たなかったね、この映画。さすがのお芝居でした。
岡田将生がかっこよかっただけで、北乃きいのメンヘラ女子高生役に終始イライラした。
父の好きな映画で、昔から何回か見て
あんまり好きになれなかったけど
この歳になって見てみると
高校生のナチュラルなわがままさとか
やり取りが自然で、懐かしい気持ち

北乃きいちゃん可愛いなあ
高校のとき こういう子いたなあ
>|