ハルフウェイの作品情報・感想・評価

「ハルフウェイ」に投稿された感想・評価

sawa

sawaの感想・評価

4.0
高校生活の夢がつまっていました。
だから苦しかったり、切なかったり。
物語的には展開がバンバン変わっていくのが、少し気になったのですが、よくよく考えてみたら、それも現実味があるのかもしれません。
迷っている高校生って、1日単位で結論が変わる気がします。北乃きいの雰囲気から、それが感じられました。

なんといっても、2人が自然体すぎて、見ていて恥ずかしい!
原作も映画もよく分からない話だった。
映像美と音楽と若さと。アドリブや手持ちカメラを使っての撮影という挑戦的な作品でもあったようだ。ストーリーというより、音楽と、あと自分の学生時代を思い出すことに楽しみを感じた。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.7
7年ぶりくらいに観た。
岩井俊二が総指揮をしているのもあって、花とアリスのような、光や音楽の使い方に息を飲む。前半はむしろほぼ満点。ただ、ヒロのめんどくささに度がすぎる。まあそれもそれでリアルで、なんだか”高校生!”って感じることができる映画。あまりに北乃きいと岡田将生の演技が素というか、自然体なので、後で調べてみると、ほとんどアドリブということで、なるほど。
めっちゃ好きだった。!
結構軽い気持ちで見たけどとても良かった。。

ゆっくり進む邦画よりもテンポがよくて、でも邦画らしい。

岡田将生の役柄がめっちゃ好き..!なんだあの演技は、、たまんない、キュンとさせてくれるしたまに苦しい。優しい役だけど、ちょっとツンとしたり、かまってあげようとしたり、顔に手をあてて困った表情をしたりする行動がいちいち好きだった。

きいちゃんも可愛いすぎてたまににやけてたというより微笑ましくて笑ってた~!
北乃きいと岡田将生が初々しいカップルを自然体で演じた作品。散文のような作りは、特に大きな事件が起きるでもないこの作品にはピッタリかも。冒頭の保健室のシーンは面白く、この作品の方向性を示した形。捻りないのは物足りない。‬
Mako

Makoの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

岩井俊二監督作品かと思っていたら、監督ではなく編集なんですね。

どおりで、岩井俊二感足りないと思いました。

普通の賢くない女の子と、普通に学年に一人はいそうなカッコいい男の子との「普通」を切り取った恋愛映画。

告白して、進路で離ればなれになりたくなくて悩んで…

ずっと青春のまま、時が止まって二人でこのままの日々を過ごしていければいいのに…

大学で東京行っちゃうなんて、私と離れて寂しくないの?
私は寂しいよ!!
バカバカバカバカ。



そんな話。

以下、プチネタバレ。



彼女は、バカじゃないけど賢い方でもなくて
お母さんぶりたい世話焼きなタイプ。
自分より頭のいい彼に「勉強しなきゃダメじゃん。頭悪いんだから」とか言っちゃう。
でも、ワガママで「東京行かないでよ」とか言っちゃう。
「私は何で怒ってるでしょうか」とか唐突に言い始める。

そんな彼女に、ちょっとイラっとする。



以下ネタバレ



舞台は北海道。

好きだった男の子に告白される。

付き合って楽しい日々を過ごすけど
そろそろ受験シーズンで、彼の志望校が東京の早稲田だと知った彼女は
「え、東京行っちゃうのに、何で私に告白したの?早稲田やめてよ。」
と言い、彼も離れたくないので早稲田を諦めようとする。

しかし「本当は早稲田行きたいんでしょ、行くべきだよ」
とか言い出す。

彼も「そうか、じゃあ早稲田受験頑張る」って早稲田受ける。


受験終わって帰って来た彼に
彼女が「早稲田行って欲しくない」
って言って終わる。
m

mの感想・評価

3.5
台詞の言い方きっとたくさん研究したんだろうなあ、と思うような台詞の言い方。
よりリアルに、、、よかった〜!

仲里依紗とか成宮くんとか溝端淳平とかみんなみんな若い!!
chica

chicaの感想・評価

-
岡田将生かっこよすぎ
きれい
DVD
>|