ジャッカルの日の作品情報・感想・評価

「ジャッカルの日」に投稿された感想・評価

えいじ

えいじの感想・評価

4.0
この時代だから通用してる
KentF

KentFの感想・評価

3.8
異なる二つの信念のチェイス。追って追われて、姿をくらまし、嗅ぎ付ける。不思議と暗殺者を応援していることに気づく。ジャッカルに対峙する飄々とした警視ルベルの凄みゆえ。ラストの「空白の1日」の効果が見事。英語に侵された仏の違和感を補って余りあるサスペンスの傑作。変化自在なE.Foxの眼光にT.Cruiseが重なる。
本日は狙撃手の日常を見てみましょう
April

Aprilの感想・評価

5.0
何かのタイミングでこれを観て、その世界に夢中になってしまい
フレデリック・フォーサイスの原作を読んでさらに夢中になり
ほとんどジャッカルに恋していたと言っても過言ではないくらい。

ジャッカルは小説そして映画の中の人だけど
リアルに思い入れのある人物像。

この作品は映画も原作も本当に大・大・大好き!

この作品をさらにリメイクしたらしい1997年の「ジャッカル」は
以上の強い思い入れにより、絶対に観たくないと思っている。
初鑑賞は月曜ロードショー荻昌弘先生MCだったと記憶。

当時、ハラハラドキドキとはこんな感じと経験した映画でしたね。

フランス大統領の暗殺を依頼されるジャッカル。

悪人なのに応援してた(笑)

地味だが粘り強くジャッカルを追う刑事との駆け引きが面白い。 

特注のスナイパーライフル。

今の時代感覚で観たら派手さは無いけど好きですね。
犬

犬の感想・評価

3.5
クライスト

ドゴールフランス大統領暗殺を請け負った1匹狼の殺し屋ジャッカルを、これを阻止せよとフランス警察の全県を委任された1警視ルベルの戦いを描いたフレデリック・フォーサイスのベストセラー小説を映画化

スパイ

重厚な話でした

攻防が面白い
いろんな要素がある

ドキュメンタリータッチなのも印象的

お手本のようなサスペンスでした

俳優陣はあまり知らなかったけど良かったです
YOU

YOUの感想・評価

4.3
サスペンス映画の傑作と認識している。
確かに、一気に観れちゃうし、面白い

殺し屋の一つ一つがシステマチックで無駄がない。
「ゴルゴ13」のモチーフに
なったのではないかと思う。
大統領暗殺という大事業を
シンプルに淡々と感情を殺して進める。
そしてスタイリッシュで男前な殺し屋。
警部も強面じゃない。どちらかというと、ゆるい。
その辺、ギャップ萌えな魅力がある

パリとイタリアの古い佇まいが
またいい。
2人の女性のおっぱいも見れて、
2度美味しい
YF

YFの感想・評価

3.8
ネタバレも何もないから言うけど、史実としてド・ゴールは暗殺されていない。てことはジャッカルの暗殺は失敗するってのは初めから分かっている。けど、面白いのは、ジャッカルが結局何者なのかよく分からない正体不明の男たちていうのが見事に描かれてるのと、ジャッカルと対峙する警視がジャッカルよりもすごいて言うのに尽きる。
Fisherman

Fishermanの感想・評価

4.3
フォーサイス原作小説の映画化。
原作もまあまあ分厚かったが一気に読んだが、伝説の殺し屋ジャッカルを描き切り、展開も息をつかせない、後世に残る映画
>|