サランドラの作品情報・感想・評価

「サランドラ」に投稿された感想・評価

オリジナル版もめっちゃおもろい

陽動作戦シーンはこっちもスリリングで怖い。

あとマイケルベリーマンの顔面力とワンちゃんの可愛さに感動。

ブツッと終わるラストもええな
砂漠で立ち往生した一家を何者が襲うホラー映画
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

3.4
アメリカのド田舎でよそ者が異常者に襲われるタイプの作品。「悪魔のいけにえ」の影響下にあることは間違いなさそう。真っ昼間から遭遇するのも同様。ただ下位互換と言わざるを得ないか... しかも悪魔のいけにえの倍近く予算使ってるっぽい(火薬のせいかな)。
上映時間も短いのに事が起こるまでの前半がほぼつまらないのはちょっと... 後半も大して面白いわけでもないし。驚かせ方が一辺倒なのもなあ。基本急に敵のショットが差し込まれてでかい音が鳴るだけ。
犬がマイケル・ベリーマンを殺すシーンからのラストまでの暴力シーンはショットの連鎖に迫力があってまあまあ良かった。
マイケル・ベリーマンほぼ特殊メイクしてないっぽく、それは凄い。
女性陣の叫ぶばっかりの演技はまあ...
ガソスタのおっさんが何で逃げないのかも不明。
(勘違いでなければ)ビルの顔の傷の左右がワンカット入れ替わっていたりした気がするし、泣き顔の鼻水も多分ダミーの液体が吹き出してるのだがこの辺はご愛嬌か。
異常者一家の中の善人の女が家族を目の前でぶっ刺されて悲痛な叫びを上げているのはちょっと切なかった。
終幕のタイミングも唖然。まあこのセンスは嫌いではない。
Hommy

Hommyの感想・評価

-
なかなか面白かった。かなり好みなリベンジホラー。
走りながら側転しちゃうとことか、すぐタバコ吸っちゃうとことか、時代をかんじますが、悪魔のいけにえや、リトルソルジャー砦の奇跡感をふんだんに感じます。
荒野の野党一家に襲撃を受けたトレイラー家族のサバイバルデスマッチ。笑
続編もあるみたいなんで、確認しときたいです。犬が、犬がつえぇ。。。笑笑
観たよ

アジャの人気作「ヒルズ ハブ アイズ」の元作品

原始一家vs都会っ子+わんこ

わんこが一番戦闘力が高い!そしてめちゃくちゃ可愛い!!
女がキャーキャーうるさすぎ

原始一家のビジュアルがほぼフリントストーンに吹く🍖
youkey

youkeyの感想・評価

2.6
記録。
koppe

koppeの感想・評価

2.8
スクリームの監督であるウェス・クレイヴンの原点。

テキサスチェーンソーを彷彿とさせる奇形殺人家族に対するのは、金に目が繰らんで危険な核実験後の砂漠に位置する鉱山へと向かう元警官の父を筆頭とした家族。

前半はスリルを楽しみ、後半は、殺された家族の復讐に燃える両家族の狂いっぷりを堪能する。しかし、モンスター家族は人間家族に完全に気圧され(なんといってもヒロインの女の子が延々と叫び続けている)、あたふたしていて、応援したくもなる。

最後赤い画面に反転し、映像がぶったぎられるところがクールでした。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
あはは😆
急なENDに驚きましたねー
トランシーバーを使いこなす
あの家族は何故あそこに❓
ワンちゃん頑張ってたねー🐕
「悪魔のいけにえ」から3年。
狂気スパイスがどうにも薄めだが、リベンジ物としてのカタルシスはまあまあイケル。

全米38州で上映禁止は、胸糞度やグロ描写などにあるのではないのでしょうね。
誰も近寄らない空軍訓練地区で核実験でもあったのか奇形の人間が生まれ、人非人として畜生にも劣る生活を営む。
そんな土地はこのアメリカには無いから!
などと権力の甘い汁を吸う者にたまたま見つかってしまい、連鎖的に全米の映画館から締め出されてしまった。
そんなところでしょう。

クラッシック田舎ホラーとして、エルム街やスクリームの監督の原点として確認すべきフォーマットであるし、終盤のスピード感としょうもなさは味わい深い。

エンドロールで"HOLLY SHIT!"とスクリームする当時のボンクラ街の住人の声が飛び込んでくるようだ。


2018劇場鑑賞92本目
Toshiya

Toshiyaの感想・評価

2.5
犬以外アホやけど頑張ってて応援したくなる
ラストにびっくり!
こういう終わり方もあるのか
>|